FC2ブログ

カテゴリ:世界の快道でイク!

【世界の快道でイク!チリ編2】【コート・デ・パブロ】世界一視聴者の多いドラマのツンドラ捜査官のアイコラエロ動画像

【世界の快道でイク!チリ編2】【コート・デ・パブロ】世界一視聴者の多いドラマのツンドラ捜査官のアイコラエロ動画像

コート・デ・パブロと言って誰のことだか判る方は海外ドラマ通かも。NCIS~ネイビー犯罪捜査班と言う連ドラでシーズン3からイスラエルの諜報機関、モサドから派遣された捜査官、『ジヴァ・ダヴィート』役で、武闘派の捜査官を演じた女優さんだ。彼女は1979年11月、チリの首都サンディエゴに生まれ、10歳でアメリカに渡ったそうだ。170cmの恵まれた肢体に富士額の持ち主。最初の頃は、戦闘に強いイメージばかりだったが、現在某局のランチチャンネルで放送中のシーズン6あたりでは、セクシーなシーンも演じている。あたかも日本の国民的時代劇ドラマで、名女優が入浴シーンのサービスカットを入れた如くだ。そんなセクシーな動画を記事末で紹介しつつ、ジヴァのセクシードレスやアイコラエロ画像もお楽しみ下さい。

【世界の快道でイク!チリ編2】【コート・デ・パブロ】世界一視聴者の多いドラマのツンドラ捜査官のアイコラエロ動画像01

» 記事の続きを読む

【世界の快道でイク!インド編2】【フリーダ・ピントー】シヴァ神に愛された憂いあるエロ美女のアイコラエロ動画像

【世界の快道でイク!インド編2】【フリーダ・ピントー】シヴァ神に愛された憂いあるエロ美女のアイコラエロ動画像

インドは以前、エロ画像【世界の快道でイク!インド(India)編】母なる大河に育まれた美女達と言う記事で何人かのエロ美女を取り上げました。今回は、1984年インドはムンバイ(旧名称ボンベイ)出身の女優であり、モデルのフリーダ・ピントーさんを紹介します。タイトルにしたシヴァ神は、ヒンズー教の破壊を司る神だとか・・。破壊の神が人気あるって言うのも凄い気がする・・。宗教は奥が深いのであまり深入りはしないようにしよう。シバの女王とは別ですので、ついでにシバの女王は、紅海の出口に当たる左側(アフリカ大陸のエチオピア)か右側(アラビア半島のイエメン)にあったのではないかと言われているシバ国の女王様。シバは、人の名前ではなく国の名前みたいですね。フリーダピントーさんは、ファッションモデルで女優さんなので、ヌードはアイコラかも知れません。日本人にとってもなんとなくどこかで見たような・・って感じの隣の綺麗なお姉さんみたいで結構好みだって言う方は多いのではないかと思います。彼女が、2013年にトリシュナと言う映画で昭和ロマンポルノのような濡れ場シーンを演じている。その動画を見つけたので記事末にリンクを貼っておきます。宜しければご一緒にどうぞ。

【世界の快道でイク!インド編2】【フリーダ・ピントー】シヴァ神に愛された憂いあるエロ美女のアイコラエロ動画像01

» 記事の続きを読む

【世界の快道でイク!西欧特別編】無毛の美少女ボディがよく似合うエマ・ワトソンのアイコラエロ動画像

【世界の快道でイク!西欧特別編】無毛の美少女ボディがよく似合うエマ・ワトソンのアイコラエロ動画像

エマ・ワトソンは、フランス生まれのイギリス育ち。今はイギリス国籍かも知れません。言わずと知れた●リー・●ッターシリーズで頭脳明晰な美少女、ハーマイオニー役を演じた。映画の中で『穢れた血』だったっけ?って言われていました。それは純粋な魔法使いの血筋ではなかったからでしたが、純粋なイギリス人ではない、英仏混血のエマ・ワトソンは、パイパンボディがよく似合う美少女ですね。美女と野獣で大人な演技が見られるか、また楽しみな方も多いと思います。
そんなエマ・ワトソンのアイコラエロ画像を40枚お楽しみ下さい。
尚、記事のおしまいに同様の動画へのリンク、その下には、アイコラではない、エマ・ワトソンのパンチラや胸チラエロ画像を扱っていたリンク先サイトへの紹介画像を添えてあります。クリックしてそちらもお楽しみ頂ければと存じます。


【世界の快道でイク!西欧特別編】無毛の美少女ボディがよく似合うエマ・ワトソンのアイコラエロ動画像01

» 記事の続きを読む

【世界の快道でイク!アイコラ北米版】レネー・ゼルウィガー、エロい美熟女は何時でもモテ期

【世界の快道でイク!アイコラ北米版】レネー・ゼルウィガー、エロい美熟女は何時でもモテ期

1969年、テキサス生まれのレネー・キャスリーン・ゼルウィガー。レニー・ゼルウィガーと言われることもあるけど、ご本人がレニーじゃないとおっしゃってるようなのでレネー(レネィ)と呼ばせて頂きます。
彼女は1992年にテレビドラマでデビューしたようですが、日本で知られるようになったのは、1997年、トム・クルーズと共演した、THE Agent(ザ・エージェント)でトム・クルーズのビジネスパートナーを演じてからでしょう。
その後2001年にブリジット・ジョーンズの日記が公開され、コミナルでキュートなアラサーキャリアウーマンを好演している。2002年には、シカゴで、アカデミー賞を受賞。ブリジット・ジョーンズの日記も、2004年に第二弾、ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月を、そして今年2016年に『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』が公開される。(そろそろかな・・)
五十路を目の前にしてもキュートでコケティッシュなレネー・ゼルウィガーのエロい姿も見たくて画像記事にしました。これを見て、映画館で映画を観ると、映画が10倍面白くなる!!かもよww
記事末に、同映画の予告編へのリンクを貼っておきましたので宜しければコミカルな彼女も観て下さい。

57357904

» 記事の続きを読む

【世界の快道でイク!カナダ編2】夫婦の絆を大事にしたセリーヌディオンのアイコラ。でも歌ってる時が一番エロい!?

【世界の快道でイク!カナダ編2】夫婦の絆を大事にしたセリーヌディオンのアイコラ。でも歌ってる時が一番エロい!?

世界の歌姫、セリーヌ・ディオン。彼女の生まれは、フランス語圏のカナダだ。その音域の広い美声と、美熟女っぷりは知らぬものはない。彼女が年の離れた夫をとても大切にしていて、2016年1月に亡くなったご主人とは、歳は離れていたけれどおしどり夫婦だったようだ。彼が癌だとわかると、家族と一緒に居たいとツアーも中止にした。亡くなって相当落ち込んでいたようだけれど、亡き夫との約束だからと、ステージを再開したようだ。日本では、1995年野沢尚氏の脚本による、恋人よと言うドラマの主題歌としてセリーヌの『TO LOVE YOU MORE』が使われ、オリコンで1位になった。これが縁で、この年のワールドツアーに葉加瀬太郎氏が同行してイギリスに魅せられ、今もイギリスに家族とともに住んでいるとか。
アイコラエロ画像を集めていて、実は彼女が一番エロいのはステージで歌っている時なのではと思ってしまった。
どうせなら、葉加瀬太郎氏とのコラボで『TO LOVE YOU MORE』を歌っているものをYOUTUBEから探してみました。この時の衣装は下のものに似てるけど、これはスジがエロいよねw。併せてご覧下さい。



【世界の快道でイク!カナダ編2】夫婦の絆を大事にしたセリーヌディオンのアイコラ。でも歌ってる時が一番エロい!?02

» 記事の続きを読む

【世界の快道でイク!アイコラ・北米版】病気平癒とカムバックを祈って、セレーナゴメスのアイコラ美ボディ

【世界の快道でイク!アイコラ・北米版】病気平癒とカムバックを祈って、セレーナゴメスのアイコラ美ボディ

全世界で1億人以上のInstagramのfollowerがいると言うセレーナ・ゴメス。こんなにキュートで可愛い子だとは知らなかった(汗;)全身性エリテマトーデスの治療のためか、休養宣言したみたいですね。かのマイケル・ジャクソンもこの病気だったのではと言う記述があった。10対1で女性に多い膠原病の一種で慢性的な病気になりかねないので、心配ですが、良い治療法もあるかも知れないし、一日も早い回復と復帰を祈ってお届けしたいと思います。記事末にはYOUTUBEのエロ美しいMVを添付してあります。宜しければご一緒にご覧下さい。

【世界の快道でイク!アイコラ・北米版】病気平癒とカムバックを祈って、セレーナゴメスのアイコラ美ボディ02

» 記事の続きを読む

【世界の快道でイク!ニカラグア編】ニカラグア富士に愛された2つ目の運河の国のエロ美女達

【世界の快道でイク!ニカラグア編】ニカラグア富士に愛された2つ目の運河の国のエロ美女達

ニカラグアは北米大陸と南米大陸を繋ぐ細長い部分北側に、ホンジュラス、南側にコスタリカに挟まれた太平洋とカリブ海の両方に面した国だ。ここにニカラグア運河と言うパナマ運河に続く2つ目の運河を作ろうという動きがあるらしいけど・・・。ニカラグア富士と言うのは、世間的にそう呼ばれているかは知りません。モモトンボ山と言う1,297mの火山で2015年12月2日噴火した山で、ここにある入植地の遺構はレオン・ビエホとして保存され、世界遺産に登録されているらしいです。ちょっとお尻の大きな、コロンブスの新大陸発見以降、スペインの植民地だった国のお姉さんのエロ画像ご覧下さい。

【世界の快道でイク!ニカラグア編】ニカラグア富士に愛された2つ目の運河の国のエロ美女達01

» 記事の続きを読む

【世界の快道でイク!ポーランド編2】親日の熱い心意気を持った優しき人々

【世界の快道でイク!ポーランド編2】親日の熱い心意気を持った優しき人々


相手のことをもっと知りたいと思うのは、相手も自分に対して思いを寄せてくれていると言うのがあると思います。
やはり自分たちに好意を持ってくれている国のことはもっともっと知りたいと思うものだと思います。
ポーランドは以前、世界の快道でイク!19;ポーランド編・君の喘ぎはショパンの調べ

の記事で取り上げました。ポーランドはHeart of Europeと呼ばれるヨーロッパの心臓部である事、『出せよ、与えよ』と言う江戸っ子かたぎにも似た心意気についても触れましたが、日本とは意外と似たもの同士なのか、ポーランドが親日と言うのは有名です。でも、そんな深い絆が生まれたのには理由があります。

ポーランドは、地理的に、ヨーロッパの中心部ですから、過去から様々な強国によって領土分割されたり、戦場となったりしてきました。ロシア領となってしまった祖国の独立のために戦っていた者達がシベリアに流刑されていました。ロシア革命の混乱の中で、彼らは、凄惨な生き地獄に追い込まれます。食料も医薬品もない中で、多くの人々がシベリアの荒野を彷徨い、餓死、病死、凍死に見舞われていきました。食べ物を先に子供たちに食べさせていた母親が遂に力尽き、その胸にすがって涙を流しながら死にゆく子供たち…。そんな光景があちらこちらで見られたといいます。
 せめて親を失った孤児だけでも救わねば――1919年には、あまりに悲劇的な状況を見るに見かねたウラジオストク在住のポーランド人たちが立ち上がり、「ポーランド救済委員会」を設立します。当時、シベリアにはアメリカ、イギリス、フランス、イタリア、そして日本が出兵していました。欧米各国から断られ、救済委員会が孤児達の救済を訴えたのは日本が一番最後だったそうです。多分縁も薄いのであまり期待もしていなかったのでしょう。ところが、日本は、わずか17日で救いの手を差し伸べて、のべ700人以上の孤児達を日本に迎え入れ、手厚くもてなし、祖国に送り返したと言います。それが、1920年(大正9年)から1922年(大正11年)にかけての事だったと言います。
その昔の恩を未だに感謝してくれて、お返しにと、先の震災でも震災孤児をポーランドに招待して歓迎してくれたそうです。
奇しくも、次回の東京五輪の行われる2020年はこのポーランド孤児救済から100年の節目です。100年前に救われた孤児の方の子孫が来日されるかも知れませんね。優しい心意気を持ったポーランドの国と人をもっと知るために、エロ画像で巡ってみるのも一興かと・・・。


【世界の快道でイク!ポーランド編2】親日の熱い心意気を持った優しき人々02Amanda-Lane

» 記事の続きを読む

【世界の快道でイク!韓国編】ヨンドン(霊登)の奇跡が生んだエロ美女たち

【世界の快道でイク!韓国編】ヨンドン(霊登)の奇跡が生んだエロ美女たち

エロ画像で各国の美女を巡る世界の快道でイク!、今回の訪問は韓国です。東アジアの国が少ないのはネタ元にしているのがアメリカのサイトなので、彼らの美しいと思うアジアンビューティと、我々が思うそれとにちょっとギャップがあって・・・。キツネ眼にキツネ顔の人ばかりで・・。今回違う方法で探してきました。タイトルのヨンドンは風の神。天童よしみさんが歌った珍島物語で歌われた海割れと言う奇跡(モーゼの十戒のようなもの)を起こす神様とされているみたいですね。
東洋人が美しいと思う韓国の美女たちをどうぞ。

【世界の快道でイク!韓国編】ヨンドン(霊登)の奇跡が生んだエロ美女たち02

» 記事の続きを読む

【世界の快道でイク!:番外・カザフスタン編】天空のシルクロードに花開く野生のチューリップたち

【世界の快道でイク!:番外・カザフスタン編】天空のシルクロードに花開く野生のチューリップたち

リオ五輪で寝不足の方も寝付けない方もいるかも知れません。そんな中、カザフスタン代表のバレーボール選手が二次元から飛び出してきたような12頭身のパーフェクトスタイルで、勿論美人すぎるって事でインスタフォロワーも凄いことになってるらしいですね。彼女は元々2014年の台湾の国際大会で注目されたそうで、台湾メディアも当時、大々的に取り上げていたらしいです。そこで我々は、カザフスタンってどんなお姉さんたちがいるのだろうかと調べてみました。カザフスタンはモンゴルの西に始まり、カスピ海へ続く日本の7倍くらいの国土の国。中国天山山脈と接する西天山は世界遺産に登録されたばかりだ。中央アジア一帯は野生のチューリップが見られるところらしい。下の画像のような風景だ。このあたりの国々には、●●スタンと言う名前が多いが、これは『~の場所』と言う意味のある【イスタン】と言う言葉がくっついているためらしい。、たとえば、カザフ+イスタン=カザフ人の土地のカザフスタン。ウズベク人の土地は、ウズベキスタンなどだ。そう言えば、カザフスタンは、ひょっとしたら2017年頃国名が変わるかも知れない。隣国キルギスは1993年キルギスタンから変更している。他の「●●スタン」との差別化を図るために、カザフエリとかになるかも・・ちなみに、エリもスタンと同意だそうだ。2020年東京五輪の際、サビーナ・アルシンベコヴァ選手は何処の国の代表になっているのだろう・・。カザフスタンか、カザフエリかはたまたカザフなのか・・。
あまり大々的に記事タイトルにしてご迷惑がかかるといけないので、僕らだけでこっそり見てみましょう・・・。



【世界の快道でイク!:番外・カザフスタン編】天空のシルクロードに花開く野生のチューリップたち01

【世界の快道でイク!:番外・カザフスタン編】天空のシルクロードに花開く野生のチューリップたち02

» 記事の続きを読む

[PR]
Copyright © 日常のエロティシズム~日エロ~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます