【いしかあき】酔った義息に娘と間違われて犯される熟女は実は喜んでカラダを捧げる

10代の頃、父親と意見が対立して家を出た娘は、戻ってきた時には籍を入れたと言う男を連れていた。そのまま4人で暮らしていたが、娘は突然の交通事故で他界。それでも同じ家で暮らす婿は、寂しさからか、部屋で寝食を忘れ在宅ワークに没頭する。ある時、義母が部屋を訪ねると、パンツ一枚で寝ている婿を見る。そしてそのパンツからは一目でそれと解るそそり立った肉棒が。思わずパンツを脱がしてねっとり吸いまくる熟女。それから婿のチンチンが忘れられずいた時に、酔った婿が、亡き妻の名前を呼びながら義母に抱きついてきた。パイパンの義母は準備万端。一応は娘じゃないといいながらも嬉々として若い男に抱かれる。だって夫は還暦間近の年寄りだもの・・・。

[PR]


【いしかあき】酔った義息に娘と間違われて犯される熟女は実は喜んでカラダを捧げる01

裸で眠る婿の猛々しい肉棒にたまらずねっとりフェラする義母。



【いしかあき】酔った義息に娘と間違われて犯される熟女は実は喜んでカラダを捧げる02

酔って眠る婿の部屋を片していると、寝ぼけた婿が、亡き妻の名を呼びながら、義母に襲いかかる。



【いしかあき】酔った義息に娘と間違われて犯される熟女は実は喜んでカラダを捧げる03

酔ってるとは思えない執拗な愛撫。



【いしかあき】酔った義息に娘と間違われて犯される熟女は実は喜んでカラダを捧げる04

義母もシックスナインで応戦。



【いしかあき】酔った義息に娘と間違われて犯される熟女は実は喜んでカラダを捧げる05

ぶっかけられ得て満足げな熟女義母。




【いしかあき】酔った義息に娘と間違われて犯される熟女は実は喜んでカラダを捧げるを見に行く

【いしかあき】酔った義息に娘と間違われて犯される熟女は実は喜んでカラダを捧げるを見に行く



関連記事