昭和ロマン;冬の定番!炬燵オナニーで痙攣する様がエロいお姉さん

生活様式の変化からか、昭和の頃と比べると、炬燵もあまり見かけなくなった。それと同時にお姉さんが羽織っているどてら(丹前)も同様だ。田舎では両方とも普通にありそうだが、どてらは都会の寒い夜を心配した田舎のご両親が子供に送る宅配便の荷物の中に入れそうなものナンバーワンかな?調べてないけど・・。
動画のお姉さん上半身はどてらで温かく、下半身は丸出しで、炬燵の脚を使った角オナニー。丸い脚なので厳密に言えば角はないが、その分リアルにチンチンに近いものがあるのかも知れない。胸をはだけて左手で乳首をいじりながら、右手の中指は、クロアワビのようなオマンコにスッポリ飲み込まれている。指を動かしながらピクン・ピクンと痙攣する体がとってもエロい。こんなに頭が良さそうなお姉さんでもエッチなんだなぁ・・おかずは何かなぁ・・とか考えちゃう。ww

[PR]



昭和ロマン;冬の定番!炬燵オナニーで痙攣する様がエロいお姉さんを見に行く
昭和ロマン;冬の定番!炬燵オナニーで痙攣する様がエロいお姉さんを見に行く


関連記事