男もすなるにきといふものを女もしてみんとてするなり。
と言う出だしで始まる有名な古典があるが、(紀貫之の土佐日記)
この動画は「にき=日記」が浮気に置き換わった現代版です。
男が浮気性だと言う事は理解しているし、夫も浮気を認めて謝ってもくれた・・。
でも夫との夫婦生活は妻が痛いと言っても、少しの間だけ優しくするが、結局身勝手に独りよがりのエッチになってしまう。
そしてそれでも痛みが治まらず『痛い!』と言うと不機嫌になってしまって・・。
セックスが嫌いなのではない。もっと優しい愛撫が欲しいのだ。
モヤモヤが晴れない新婚若妻は結局、夫の浮気の腹いせと言う錦の御旗を掲げる事でAV男優に抱かれてみる事を洗濯する。
始まる前に、そんな夫への不満と、愛撫のリクエストを素直に伝えた若妻は、男優さんのテクと気遣いのある優しい愛撫で『気持ちいい』を連発し、天にも昇る気持ちになる。
夫が浮気したから自分も浮気するのではない。夫婦生活では気持ち良くなれないからイケないから浮気するのかも知れない。
夫との夫婦生活でこんなに自分をさらけ出して。『気持ちいい!・それ、好き!・そこ良い!』なんて逝った事があっただろうか・・・。
愛撫に、ピストンにマジ逝きする若妻を見ていると、エロよりもむしろ考えさせられてしまうww。

夫の浮気の腹いせにAV男優のテクで昇天マジイキする、新婚若妻

[PR]




関連記事