【昭和ロマン夫婦生活】聾唖の娘を連れた盲いた母の行き着く先は・・

過去のある盲(めし)いた母と、聾唖(ろうあ)の娘。二人がローカル線に揺られて向かう先は、手紙のやりとりで見合いというかお試し嫁ぎと言うか・・。母節子とその娘を面倒見ても良いという男の元。初対面の男と女、知り合ったばかりの男と女が、これから夫婦として生活していくにはお互いの体を知るのが、つまりセックスが一番手っ取り早い。女とその娘には、暗い過去と、ちょっとした障害が。二人で一人前の女として扱って欲しいと頼む節子。それは娘も夜伽をさせると言う宣言でもあった。

【昭和ロマン夫婦生活】聾唖の娘を連れた盲いた母の行き着く先は・・01

» 記事の続きを読む